美容外科の求人について

面接に準備をして臨み無事に採用される

面接のためにクリニックに行くと、綺麗な女性が対応してくれて、さすが美容外科で働いている人だけあるなと思いましたが、それと同時にやはり容姿端麗な人しか採用にならないのかなという不安も持ってしまいました。
最初から望みは薄いんだという気持ちで、やれるだけやるしかないと思えたのでドキドキしながらも勇気も出せてよかったです。
面接はかしこまった感じになるのが当たり前だと思っていましたが、思いの外気さくな雰囲気の中で行われて緊張も徐々にほぐれていき、働きたい熱意を伝えることができたのでよかったかなと思っています。

美容医局さんは大手クリニックの募集に強い印象があります。
結局は担当する方次第だと思うのですが、私はマイ○ビドクターの方が頑張ってくれて良い条件(時短okかつ給与up)で非常勤先を探せました😊 他の勤務先は先輩からの紹介です😊

— AT (@tweety13tweet) January 3, 2020
面接自体は思っていたよりも早く終わり、採用になるといいなという気持ちで後にしました。
一週間ほど経過しても連絡がなかったので、これは不採用に違いないと思い諦めて次の応募先を探そうと思っていた矢先に、採用という連絡が来たので本当に嬉しくなりました。
初出勤の日や持ち物、準備しておくべきことなども教えてもらうことができたし、期間にも余裕を持てたのもありがたいなと思っています。
なぜ採用してもらえたのが不思議な気持ちもありましたが、パソコンの操作や一般的な事務として働く基本は問題なかったので、そのことが良かったのかなと思いました。

資格や経験は無かったが美容外科の受付に応募 / 面接に準備をして臨み無事に採用される / 条件通りに働けて美への意識にも目覚め楽しい